成約性の高い見込み客を探せる

リードの選別は、マーケティングオートメーションを実施することにより得られるメリットになります。旧来の人海戦術的な営業スタイルでは、成約の見込みがあるか無いかに関係なく、不特定多数に対しての営業活動が必要になっていました。リードの選別が行えるマーケティングオートメーションツールの活用により、自社が提供する商材に興味を抱いている、成約性の高いユーザーに注力した営業展開が可能になるのです。

購買意欲や成約に至る可能性により選別したリードの管理は、社内の顧客管理システム上で一元管理することも可能です。過去に購入履歴があるユーザーと、新規成約の可能性があるユーザーの情報を、システム上で一元管理することにより、営業マンが効率的に活動できるようになるのです。

長い期間にわたってリードを育てることも可能

商談を進める上では、短期間で成約に結びつくとは限らないことも多いものです。購入に至る見込みが、少しでもあるようなら、長きにわたってリードを育んでいくことも大切です。リードナーチャリングと呼ばれる顧客への教育手法を使い、少しずつユーザーに購買意欲を育んでいくことで、売上に結びつけることが可能になります。興味があっても、購買にまで至らないのは、商材の魅力が十分に伝わっていない場合も多いのです。ステップメールなどの営業手法を活用して、段階的に教育を施していけば、長い目で見れば成約に結びつけていくことも可能になります。初期段階でリードの選別を行うことで、見込みのある顧客への教育を進めることができるのです。マーケティングオートメーションとリードの選別により、高い成約率が実現していきます。